日本語試験でも不正か 一橋大入試流出事件、中国人2人を再逮捕

有料会員記事

岩田恵実
[PR]

 今年1月に行われた一橋大学東京都国立市)の留学生向け入学試験で、数学の問題を流出させたとして逮捕された中国籍の男2人が日本語の問題の流出にも関わったとして、警視庁は29日、2人を偽計業務妨害容疑で再逮捕し、発表した。2人はともに黙秘しているという。

 再逮捕されたのは大学生の王嘉璐容疑者(22)=東京都新宿区=と李歳寒容疑者(28)=同中央区。国際犯罪対策課によると、王容疑者は1月31日午前10時半に始まった一橋大の「私費外国人留学生選抜試験」で日本語の試験を受験中、問題用紙を映した動画を李容疑者に送り、流出させて一橋大の業務を妨害した疑いがある。

 同課は、王容疑者が袖に隠した小型カメラで問題用紙の動画を撮影して李容疑者に送り、小型イヤホンを使って李容疑者からの口頭での回答を聞きとっていたとみている。李容疑者はこれまでの調べに対し、「日本語の問題はほぼ回答した」などと供述しているという。

 李容疑者のスマートフォンに…

この記事は有料会員記事です。残り192文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら