• アピタル

サル痘ワクチン、米政府が配布を大幅増 160万回分の接種可能に

有料会員記事

ワシントン=合田禄
[PR]

 欧州を中心に感染者が相次いでいるサル痘について米政府は28日、サル痘に対応したワクチンの配布を大幅に増やす方針を明らかにした。米国内では300人を超える感染者が確認されていて、対策を強化する。

 米疾病対策センター(CDC)によると、28日時点で49の国や地域で4700人以上のサル痘感染者が確認されている。米国内で使えるワクチンは2種類あり、一つはサル痘にも有効とされる天然痘ワクチン「ACAM2000」。もう一つはサル痘にも対応できるように開発された「JYNNEOS」だ。

 今回、米政府はJYNNEOSを5万6千回分、すぐに各州が利用できるようにする。数週間で29万6千回分に増やし、さらに数カ月かけて計160万回分の接種をできるようにする。

 米国はこれまでACAM20…

この記事は有料会員記事です。残り360文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら