株主総会、続く「お土産」廃止 再開検討する動きも

有料会員記事

山本恭介、田幸香純
[PR]

 株主総会では、お菓子や自社製品などちょっとした「お土産」を配る企業もある。楽しみにしている個人投資家も多く、参加者が増える理由にもなっていた。ただ、コロナ禍で混雑を避ける必要もあり、見直す動きが出ている。総会のデジタル化などが進み、リアルの会場に参加した人にだけ配るのは不公平だとして廃止した企業もある。

 マルハニチロは缶詰など自社製品の詰め合わせを来場者に渡していたが、2020年から廃止した。「株主への公平性の観点」を理由に挙げ、復活する予定はないという。

 ほかにも招集通知に「お土産は廃止いたしました。ご理解くださいますようお願い申し上げます」といった説明を載せる企業もめだつ。

 三菱UFJ信託銀行によると…

この記事は有料会員記事です。残り221文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら