山崎怜奈さん流「鎌倉殿の13人」の楽しみ方 注目は「退場」

有料会員記事

聞き手・野城千穂
[PR]

 NHK大河ドラマ鎌倉殿の13人」の放送もそろそろ折り返し。大河好き、歴史好きとして知られる乃木坂46の山崎怜奈さん(25)は「毎週末の生きがい」というほど、はまっているという。注目しているのは、登場人物の「退場」だ。

 やまざき・れな 1997年生まれ。2013年からアイドルグループ・乃木坂46のメンバー(7月17日に卒業予定)。慶応大環境情報学部卒。歴史好きとして知られ、著書に「歴史のじかん」。TOKYO FMの生ラジオ番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。」(月~木曜午後1時)のパーソナリティー。

 ――歴代大河のなかでも「鎌倉殿」の特徴は何でしょうか。

 史実と、想像の部分の織り交ぜ方が、すごく丁寧で細かいです。

 たとえば八重(新垣結衣さん)は、残っている史料ではかなり不透明な部分が多い人物。亡くなり方にも色々な説があって、北条義時(小栗旬さん)と結婚したという説もある。複数の説を上手につなぎ合わせて、一人の人間として描いています。

 主人公レベルでなくても、人物の作り方がすごく細かい。謎の僧・文覚(市川猿之助さん)や、義時の妹・実衣(宮澤エマさん)、架空の人物である善児(梶原善さん)――。

 登場人物が物語のなかでどう退場するのかが、私は気になるんです。殺されたり、失踪したり。

 疫病神扱いされた頼朝の叔父・源行家(杉本哲太さん)は最後、馬にまで嫌われて、ナレーションで死が伝えられる「ナレ死」でした。あれも、行家という人を表していました。

性格にじむ、小道具たち

 ――人物描写で、他に見どころは。

 美術さんや小道具さんも、すごくこだわっていると感じます。

 坂東武者たちが、戦況の報告書を頼朝に提出する場面がありました。読み書きがそれほどできない人が多かったので、雑な書き方だったり、読めなかったり。

 義時のように、きちょうめんでしっかりした文面で出してくる人もいた。源義経菅田将暉さん)は「結果さえ伝わりゃいいだろう」という簡潔なもの。報告書の書き方に、それぞれの個性が表れていましたよね。

 さらに驚いたのは、地図です。

 木曽義仲青木崇高さん)が…

この記事は有料会員記事です。残り2546文字有料会員になると続きをお読みいただけます。