尼崎市長、夏ボーナス195万円を全額カット USB紛失受け

中塚久美子
[PR]

 兵庫県尼崎市の全市民約46万人分の個人情報が入ったUSBメモリーが一時紛失した問題で、稲村和美市長は、自身の夏の期末手当ボーナス)の195万1980円を全額カットすることを決めた。市が29日、発表した。行政への信頼を大きく失墜させたことに対する反省と、再発防止に向けた決意を示すためという。

 USBメモリーは、個人情報のデータ移管業務を市から委託された情報システム大手「BIPROGY(ビプロジー)」(旧日本ユニシス)が、市に許可を得ず業務を再委託、再々委託し、再々委託先の社員が酒に酔って紛失。後に見つかったが、市の管理態勢の不備を指摘する批判も専門家らから上がった。中塚久美子