「電気代の負担軽減、ぜひ首相にやってもらおう」公明・山口氏

参院選2022公明

[PR]

公明党山口那津男代表(発言禄)

 梅雨が早く明けてしまった。節電をしてくださいという声もあるが、節電ばかりにとらわれ、この照りつける太陽の下で熱中症になっては元も子もない。無理をする必要はないので、熱中症を避けるために上手にやってもらいたい。

 早く梅雨が明けた分だけ、暑い長い夏が心配だ。クーラー、エアコンを使えば、電気代もかさむ。「支払いが大変だな」と不安を覚える方もいると思う。私は梅雨が明けたときから、ご家庭の負担が、エアコンの使用でどんどん上がらないように政府は取り組みなさいと訴えた。

 昨夜、岸田(文雄)首相が欧州で記者会見をやり、この電気料金が上がりすぎないよう、無理な節電を招かないように負担を軽くすることを検討すると言ったではないか。ぜひやってもらいたい。そうやってみなさんの生活を肌で感じ取りながら、すぐに先手、先手を打っていくのが公明党だ。(福岡市内の街頭演説で)

参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]