• アピタル

適切な距離あれば「屋外のマスク不要」 日本医師会が改めて呼びかけ

有料会員記事新型コロナウイルス

村井隼人
[PR]

 記録的な猛暑で熱中症の危険があるにもかかわらず、多くの人が不必要な場面でマスクをし続けているとして、日本医師会(日医)は29日、「距離が確保できていて、会話がほとんどない屋外ではマスク着用の必要はない」と改めて呼びかけた。

 厚生労働省は、屋外で距離が確保できている場合や会話がほとんどないときについて、マスク着用の必要はないとの基準(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_coronanettyuu.html別ウインドウで開きます)を示している。

 この日に会見した日医の釜萢(かまやち)敏常任理事は、厚労省の基準は「医学的にも適切、妥当だ」と強調。ただ現状では「安心感と、周りから指摘を受けるのではないかという疑念」から、マスクを外す人が少ないとの認識を示した。

 釜萢氏は厳しい暑さが続く中…

この記事は有料会員記事です。残り218文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]