誤入金、住民を詐欺容疑で3回目の逮捕 カジノ消費の裏付け進める

有料会員記事

大藤道矢
[PR]

 山口県阿武町が誤入金した4630万円の一部を、住民の無職田口翔容疑者(24)=電子計算機使用詐欺容疑で逮捕、起訴=がオンラインカジノの決済代行業者2社の口座に振り替えたとされる事件で、山口県警は29日、別の決済代行業者の口座に約3590万円を振り替えたとして、田口容疑者を同容疑で再逮捕したと発表した。容疑を認め、「(オンライン)カジノで使った」と供述しているという。同容疑での逮捕は3回目。

 県警は、田口容疑者が誤入金された金を元手に海外のオンラインカジノを利用した、としている点にも関心を寄せており、賭博容疑を視野に慎重に裏付けを進めている。

 捜査2課によると、今回の再…

この記事は有料会員記事です。残り837文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら