社民、存亡かけた参院選 98歳の元首相・村山氏、訪問の党首を激励

有料会員記事参院選2022社民

白石昌幸
[PR]

 社民党福島瑞穂党首(66)が29日、元首相で初代党首の村山富市氏(98)と大分市内で面会した。1945年結成の日本社会党の流れをくむ社民党は今回の参院選で、比例区で2%以上得票しなければ公職選挙法上の政党要件を失う、まさに「存亡の危機」。大分で根強い人気を誇る村山氏の応援を得て、得票の上積みに望みをかける。

 午後1時前、村山氏は自宅玄関前で福島氏を出迎えた。がっちりと握手を交わすと「絶対勝たないかんで。頑張れ」と激励した。自身も比例区で5期目を目指す福島氏は「励ましてもらってありがとうございます。社民党が残るように頑張ります」と答えた。村山氏は、集まった報道陣に福島氏と一緒に手を振り、健在ぶりをアピールした。

かつては250人の国会議員擁する

 社民党の前身となる社会党は…

この記事は有料会員記事です。残り673文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]