第119回NATO加盟と「オスマン帝国の夢」 元大使が名指しする敗者の名前

有料会員記事ウクライナ情勢

聞き手・牧野愛博
[PR]

 トルコが28日、難色を示していたスウェーデンフィンランド北大西洋条約機構(NATO)への加盟を認めました。この間、トルコは積極的な独自外交を展開し、欧米から譲歩を引き出すことに成功しました。2007年から11年まで駐トルコ大使を務めた田中信明氏は、背景に「欧米外交の力の低下」を挙げます。

 ――2カ国が加盟を申請した5月当時、トルコは強硬に反対していました。

 トルコは当時、「外交的利益を得る絶好の機会だ」と考えたと思います。強硬な態度は、欧米から譲歩を引き出すためのポーズでしょう。要求が通り次第、下ろすつもりで、拳を思い切り振り上げていたのでしょう。

 ――なぜ、そう思われるのですか。

 トルコが、ロシアによるウクライナ侵攻を積極的に利用していたからです。トルコは、ロシアとウクライナの両代表団をイスタンブールに招いて停戦交渉をあっせんしたり、ドイツと首脳会談を行ったり、活発に動いていました。

 トルコは仲介外交を展開することで、NATOメンバーとしての自らの地位の押し上げや、中央アジアへの影響力の拡大を進めていました。今回のスウェーデンとフィンランドのNATO加盟を巡るトルコの動きは、こうした外交戦の延長線上にあったと思います。

欧米に利用されてきたトルコ

 ――トルコが活発な外交戦を仕掛けた動機は何でしょうか。

 一言で表現すれば「オスマン…

この記事は有料会員記事です。残り1857文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載ウクライナ危機の深層(全150回)

この連載の一覧を見る