北海道電管内、29日は電力逼迫注意報なし 30日の予備率7%台

有料会員記事

新田哲史、日浦統
[PR]

 北海道電力管内では29日、「電力需給逼迫(ひっぱく)注意報」の発令は見送られた。猛暑の本州への電力融通で30日の電力需給が厳しくなる可能性があったが、電力供給余力を示す予備率が5%を確保できる見込みとなったためだ。ただ本州の猛暑は続き、予断を許さない状況が続く。

 北電管内の予備率は28日夜時点で、30日午後6時半~7時に4・9%になる見通しだった。5%を下回りそうな日の2日前は「準備情報」が出され、前日時点でも下回れば「注意報」が出される。ただ29日午後時点で30日の予備率は7・2%以上の見通しになり、注意報は出されなかった。

 電力需給逼迫は本州への融通…

この記事は有料会員記事です。残り299文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら