93歳に必要量100倍のモルヒネ処方 容疑の医師と薬剤師書類送検

[PR]

 必要量の100倍のモルヒネを高齢患者に処方して死亡させたなどとして、警視庁が、武蔵国分寺公園クリニック(東京都国分寺市)の40代女性医師と、東京都小平市にある調剤薬局の60代女性薬剤師の2人を業務上過失致死の疑いで書類送検したことが29日、捜査関係者への取材でわかった。ともに容疑を認めているという。

 捜査関係者によると、患者は都内の男性(当時93)で、昨年2月に息苦しさを訴えてクリニックを受診。この医師から処方されたモルヒネの内服薬を服用したところ、約1週間後に死亡した。

 警視庁が調べたところ、男性の死因はモルヒネ中毒で、医師が電子カルテの入力を誤って必要量の100倍のモルヒネを処方していた疑いが判明。薬剤師も処方箋(せん)が正しいかをよく確認せずに薬を調剤した疑いがあるという。