NATO防衛強化「冷戦終結後で最大」即応部隊7倍超、首脳会議合意

有料記事ウクライナ情勢

青田秀樹、高野遼=マドリード、清宮涼
[PR]

 マドリードで始まった北大西洋条約機構(NATO)の首脳会議で29日、ウクライナのゼレンスキー大統領がオンライン演説し、「ロシアが仕掛けた戦争はウクライナだけを狙うものではない。世界の将来のためにも支援が必要だ」と訴えた。NATOはウクライナ支援と同時にロシアに対するNATO各国の備えも強化する。米国は欧州への増派を発表した。

 ウクライナへのロシアの攻撃は、ドイツで開かれた主要7カ国(G7)やNATOの首脳会議にあわせるように激しさを増した。1千人以上がいたとされるショッピングモールや幼稚園が攻撃を受け、子どもも含む犠牲者が相次いだ。

 ゼレンスキー氏は「これまでに2800発を超えるミサイルが撃ち込まれ、大半は市民を狙ったものだ」と指摘。各国首脳らに高性能ミサイルや防空システムがあれば「街を破壊し、市民にテロ行為を働くロシアの戦略をくじくことができる」と、いっそうの支援を呼びかけた。

 29日の会議の冒頭、ストル…

この記事は有料記事です。残り728文字有料会員になると続きをお読みいただけます。