警視庁捜査2課の警部補、飲酒運転で車に追突、そのまま逃走か

中野浩至
[PR]

 警視庁捜査2課の男性警部補(54)が今月、帰宅中に飲酒運転で事故を起こし、2人にけがを負わせながらその場を立ち去っていたことがわかった。同庁は道路交通法違反(酒気帯び運転、ひき逃げ)の疑いがあるとして警部補から任意で事情を聴いている。

 捜査関係者によると、警部補は1日午後10時15分ごろ、東京都日野市の路上で酒を飲んで乗用車を運転中、停車中の車に追突。乗車していた50代と20代の女性2人に2週間のけがを負わせながら、その場を立ち去った疑いがある。容疑を認めているという。

 警部補は勤務を終えた後に同僚と飲酒し、自宅の最寄り駅から車で帰宅する途中だったという。負傷した女性からの110番通報を受けて駆けつけた警察官が、現場から約100メートル離れた場所に止めた車内でぼうぜんとしている警部補を見つけ、呼気を調べたところ、基準を超えるアルコールが検出された。

 同庁は「捜査の結果を待ち、処分を検討する」としている。中野浩至