ひきこもりだった私を、古本屋が救ってくれた 24年通って閉店の日

有料記事

田渕紫織
[PR]

 「えっ!」。奈良市の古本屋のレジで今年1月、金子紅(くれない)さん(48)は思わず声を上げた。

 貼り紙に、来月閉店します、とある。

 職場から商店街を歩いて5分。自分の部屋のような店だったのに……。

「思い詰めていました」

 受験競争で燃え尽きて入った大学は、めざす学部だったわけでもなく、ズルズルと卒業した。

 初めてこの店を知ったのは、就職も進路も決まらずに苦しかった24歳のころ。外出に引け目を感じ、高校の友人から電話がかかってきても出られない。

 早く社会に出なければと思う…

この記事は有料記事です。残り1433文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
  • commentatorHeader
    磯野真穂
    (人類学者=文化人類学・医療人類学)
    2022年7月8日10時8分 投稿
    【視点】

    7月6日に出された、コロナ対策のための巨額の財政出動に関する記事と、ぜひ一緒に読んでいただきたい記事です。 空床補償、ワクチン…コロナ対策16兆円、検証ないまま続く巨額支出:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com