バイクで信号待ち中、追突され大学生2人死傷 運転手は逃走 別府

[PR]

 29日午後7時45分ごろ、大分県別府市野口原の県道で、信号待ちをしていたバイク2台が軽乗用車に追突され、同市内の男子大学生2人が死傷した。軽乗用車の運転手は車を放置して逃走し、別府署が道路交通法違反(ひき逃げ)などの疑いで行方を追っている。

 亡くなったのは、原付きバイクに乗っていた同市石垣東の大学生福谷郁登さん(19)。別のバイクに乗っていた知人の男子大学生(20)は軽傷を負った。

 署によると、福谷さんと知人男性のバイクが、交差点手前で並んで信号待ちをしていたところ、軽乗用車が追突。福谷さんは病院に運ばれたが、約4時間後に死亡が確認された。通行人からの110番通報で署員が駆けつけると、軽乗用車は交差点の先の信号柱に衝突して前部が大破していたという。