円相場、一時137円台 約24年ぶり円安

有料会員記事

ニューヨーク=真海喬生
[PR]

 29日のニューヨーク外国為替市場円相場が一時、1ドル=137円台まで下落し、約24年ぶりの円安ドル高の水準をつけた。3月以降の約4カ月で、20円ほどの円安が急速に進んでいる。日本では円安による輸入価格の上昇や原油価格の高騰のあおりを受け、食料やガソリン価格が上がり家計の負担が増している。

 午後5時(日本時間30日午前6時)時点では、1ドル=136円55~65銭と、前日の同時刻より45銭の円安ドル高となっている。

 米連邦準備制度理事会(FR…

この記事は有料会員記事です。残り164文字有料会員になると続きをお読みいただけます。