プーチン氏「対抗措置の必要も」 NATO拡大で軍事施設設置なら

有料記事ウクライナ情勢

[PR]

 ロシアのプーチン大統領は29日、北大西洋条約機構(NATO)が北欧のフィンランドスウェーデンの加盟で合意したことについて、「軍事施設を設けた場合、相応の対抗措置を取る必要がある」と牽制(けんせい)した。訪問中のトルクメニスタンでの記者会見で話した。

 プーチン氏は両国との関係を、「ウクライナのような問題はなく、NATO加盟についても心配はない」と述べつつ、「いままで問題はなかったのに、脅威がつくられれば、緊張が生まれるのは明らかだ」と不快感を示した。

 NATOについても、「(ウクライナ南部クリミア半島を併合した)2014年以降、我々に対し、何らかの行為をしようとしていた」と指摘。「米国は同盟国の結束のために外敵が必要だった」と話した。

 ウクライナ侵攻をめぐっても…

この記事は有料記事です。残り314文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
  • commentatorHeader
    佐藤武嗣
    (朝日新聞編集委員=外交、安全保障)
    2022年6月30日9時56分 投稿
    【視点】

     北大西洋条約機構(NATO)は、インド太平洋地域の民主主義国(日本、韓国、豪州、ニュージーランド:IP4)との連携強化を確認したほか、北欧のフィンランド、スウェーデンの加盟に合意した。ロシアのウクライナ侵攻は、これまで足並みが揃わなかった