長男が一人暮らし、空の巣症候群に 北斗晶さん「甘く見ちゃダメ」

有料会員記事

木佐貫将司
[PR]

ウチのお悩み相談室 相談者(50代 女性)

 仕事をしながら、必死に3人の子育てをしてきました。大学生の長男が、通学に時間がかかるため一人暮らしをしたいと前々から言っており、若い頃、10年近く一人暮らしを満喫していた私は、「一度は家を出た方がいいよ」と、気楽に背を押しました。

 でも今年の春、実際に長男が都内で一人暮らしをすることが決まった瞬間、寂しさが一気に膨れ上がり、気分が落ち込んでしまいました。小さかった頃の思い出が走馬灯のように駆け巡り、涙があふれたり、食欲も落ちたり…。

 まだ下の子2人は家にいるし、長男に依存していた意識はなかったので、こんな気持ちになるとは夢にも思いませんでした。確かに長男は、夫より私の話を誰よりもよく聞いてくれる優しい性格です。知らず知らずのうちに頼りにしていたんだなあ、と今さらながら痛感しています。既に同じ経験をしている友人は、「1週間経てば慣れるものよ」と励ましてくれますが、正直不安です。

 たまたま今仕事をしていないため、あれこれ余計なことを考えてしまいます。時間が解決してくれるのでしょうか?(50代 女性)木佐貫将司

子育ての悩み、お寄せください

子育て世代から寄せられた親子や夫婦の悩みに、内田也哉子さん、木村草太さん、北斗晶さんに毎月交代で答えていただきます。投稿の方法はリンクから

回答者 タレント・北斗晶さん

 質問者の方のような「空の巣症候群」は、私も経験があります。長男が18歳で海外の大学に進学しました。家を出て行く時、空港で見送った時……。

北斗晶さんは、趣味やきょうだいの有無など、それぞれの事情の違いに合わせた「空の巣症候群」への付き合い方を提案します。

 特に、空っぽになった長男の…

この記事は有料会員記事です。残り819文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら