福島の火力発電所がトラブルで停止 東電管内の電力需給に影響か

有料会員記事

[PR]

 東京電力管内にも電気を送っている勿来(なこそ)火力発電所(福島県いわき市、60万キロワット)の9号機が、30日午前3時から設備故障で停止した。東電によると、東電エリアには30万キロワット分を送電しており、このトラブルで東電管内の電力需給に影響が出る可能性がある。

 東北電力などが出資する運営会社によると、ボイラーの送風機2台のうち1台に不具合が発生した。残る1台は問題ないとして、出力を25万キロワットに落として午後3時に運転を再開する予定という。

 政府は現在、東電管内に「電力需給逼迫(ひっぱく)注意報」を出している。このトラブルを受け、経済産業省は30日午前、電力供給の余裕を示す予備率が悪化すると発表した。午後4時半~午後5時の予備率は、29日夕時点で想定していた3・2%から3・0%になる見通し。

 電力を安定的に供給するため…

この記事は有料会員記事です。残り53文字有料会員になると続きをお読みいただけます。