明石だけじゃない 滋賀にもあった誇るべき「タコ」

有料会員記事

尾崎希海
[PR]

「まだまだ勝手に関西遺産

 関西の「タコ」と聞けば、明石のマダコを思い浮かべる人が多いはず。しかし、滋賀県東近江市にも、誇るべき「タコ」文化がある。タコはタコでも空飛ぶ「たこ」だ。しかも、めちゃめちゃでかい。

 東近江市の「世界凧(たこ)博物館 東近江大凧(おおだこ)会館」には、地元でつくられた巨大な凧がずらりと並ぶ。

 始まりは江戸時代。子どもの誕生を祝って小さな凧を揚げていたという。「それがなぜか大きくなっていきまして……」と、東近江の大凧の歴史を研究する鳥居勝久館長(57)が説明してくれた。

 理由は三つ考えられるらしい…

この記事は有料会員記事です。残り1177文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら