2歳女児変死、ベビーサークルに11時間放置か 容疑の祖母ら逮捕

[PR]

 29日午後5時20分ごろ、大阪府富田林市マンションの一室で、「女児が息をしていない。硬くなっている」と住人から119番通報があった。大阪府警によると、この部屋に住む小野優陽(ゆうは)ちゃん(2)が吐血して倒れており、その場で死亡が確認された。

 府警は30日、優陽ちゃんを自宅に放置したとして、祖母の小野真由美(46)と、同居する内縁の夫の桃田貴徳(50)の両容疑者=いずれも同市小金台4丁目=を保護責任者遺棄の疑いで逮捕し、発表した。2人は容疑を認めているという。

 捜査1課によると、2人の逮捕容疑は29日午前5時ごろ、優陽ちゃんを自宅の居間のベビーサークル内に閉じ込めて外出し、午後4時ごろまで置き去りにしたというもの。

心理的虐待」 両親とは別居

 富田林署によると、優陽ちゃんは両容疑者のほか、祖母の四男で叔父にあたる15歳少年と、五男の5歳男児との計5人で住んでいたという。29日午前7時40分ごろ以降は1人だった。29日午後4時過ぎに15歳少年が帰宅し、ベビーサークル内で倒れている優陽ちゃんを発見した。連絡を受けた桃田容疑者が、同5時20分ごろに119番通報していた。

 優陽ちゃんに目立った外傷はないという。府警は司法解剖し、死因を調べる。自宅にはエアコンがあり、15歳少年は「帰って来たときには稼働していた」と話しているという。

 捜査1課によると、優陽ちゃんが0歳だった2020年1月、実父が実母に面前で暴力を振るう「心理的虐待」があったという。現在は両親とは別居していた。富田林市は経緯を調べている。

 同じ棟に住む30代主婦が優陽ちゃんを最後に見たのは1カ月半ほど前だったという。「家族の女性と道を歩いて買い物に行くところだったと思う」と言う。優陽さんについて、「あまり大きくならないなという印象だった」と話した。

 同じ棟に住む50代女性は優陽ちゃんについて「1、2回見かけたことがあり、かわいらしいお嬢さんだった。おばあさんも気さくな印象。娘さんかと思ったが『孫ですよ』とうれしそうに話していた」と語った。