引退寸前ボクサー、劇的勝利で生き残る 敗者との間に芽生えた友情

有料会員記事

伊藤雅哉
[PR]

 「負ければ現役引退」――

 その極限の状況で、加藤寿(ひさし)はプロボクサーとして生き残った。

 「ただただ、ホッとしました。生存権を勝ち取れてうれしいです。ああ、これで明日は最高の誕生日になりますね」

 29日、東京・後楽園ホール。スーパーウエルター級(約69・9キロ以下)8回戦は、劇的な試合になった。

 加藤は試合翌日が37歳の誕生日。これまで日本ランキングに入った経験はない。

 国内の規定では、基本的にランク外の選手は37歳で「定年」になる。

 相手は日本同級6位の安達陸虎(りくと)(24)。加藤は勝てば道がつながるが、明らかに下馬評は不利だった。

 運命のゴングが鳴った。

 1回はお互いに探り合いながら、終盤に安達が前に出てプレッシャーをかけ、パワーの違いも感じさせた。

 試合が動いたのは2回だ。安達は攻勢を強めるが、加藤はその動きに合わせ、カウンターを狙っていた。安達が左を出すと、それを読んだ加藤の左が先に当たった。1度目のダウン。

 この回、残り時間は約30秒だった。

 加藤が所属する埼玉・熊谷コサカジムの小坂裕己会長(58)は、青コーナーから「行け!」と指示した。「試合が長引いても、こんなチャンスはもうこない」との判断だった。

 加藤は一気に仕留めにかかった。安達の左も当たり、ひやりとさせたが、豪快に2度目のダウンを奪う。安達が大の字に倒れ、レフェリーが試合を止めた。

 加藤の2回2分46秒TKO勝ちだった。

 いつもは勝っても淡々としている加藤が、この日は青コーナーに駆け込み、ロープに足をかけ、両手を高く挙げて叫んだ。

 「対戦相手に失礼になるので、はしゃがないようにしているのですが。『今日だけは、ごめんなさい』と思いながら……。それだけ特別な1勝だったんです」

 戦績はこれで11勝(7KO)10敗2分け。

 日本ランキングを持つ選手、いわゆる「ランカー」には10年前に初挑戦し、何度もはね返されてきた。安達との対戦は当初、今年1月に組まれていたが、加藤が試合8日前に左足アキレス腱(けん)を断裂。中止になった。

 手術し、リハビリを重ね、何とか37歳になる1日前に間に合わせた試合だった。

 アキレス腱への負担を考え…

この記事は有料会員記事です。残り716文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら