日韓首脳の初対面 話しかけたのは岸田首相? 副長官「承知せず」

有料会員記事

安倍龍太郎
[PR]

 岸田文雄首相と韓国の尹錫悦(ユンソンニョル)大統領との「立ち話」をめぐり、磯崎仁彦官房副長官は30日の記者会見で、岸田首相から話しかけ、両国関係の改善に「努力しよう」と呼びかけたとする韓国側の発表の事実関係について「承知していない」と述べた。元徴用工問題など解決すべき課題があることから、日韓関係の微妙な温度差が改めて浮き彫りとなった。

 両首脳は北大西洋条約機構(NATO)首脳会議出席のため、訪問先のスペイン・マドリードで28日夜(日本時間29日未明)に初対面。磯崎氏は29日の記者会見で「晩餐(ばんさん)会の際に自然な形で出会い、ごく短時間、簡単なあいさつを交わした」と説明していた。

■「自然な形で出会った」とは…

この記事は有料会員記事です。残り329文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら