3年ぶり浅草寺の「ほおずき市」にも 出荷量日本一の大分から

有料記事

金子淳
[PR]

 ホオズキの出荷量日本一の大分県では、3年ぶりに開催される東京・浅草寺の「ほおずき市」や関東の新盆に向けた出荷が最盛期を迎えている。

 同県杵築市の山本弘美さん(64)のビニールハウスでは、大きく膨らんだ朱色のホオズキが鈴なりとなり、家族3人での収穫・出荷作業が進んでいる。

 「JAおおいた」によると…

この記事は有料記事です。残り104文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント