第5回8月の電気代、最大32.2%上昇 日本列島に電力の危機、なぜ今?

有料会員記事参院選2022

宮川純一
[PR]

 6月の連日の猛暑で、東京電力のエリアでは節電要請が続いた。全国的な料金高騰と合わせ、参院選さなかの日本列島は電力の危機に見舞われている。東電の福島第一原発事故後の計画停電などを経て、安定供給と料金抑制を図る電力システム改革が進められてきたはず。事故から11年余り、供給不安と値上げがなぜ今起きているのだろうか。

 大手電力が発表した8月の家庭の電気料金は大きく上がった。東電は月の使用量が260キロワット時の平均的な家庭で9118円。前年同月と比べると31・0%(2158円)高い。

 上昇率が最も高いのは中部電力で32・2%。6・9%増の北陸電力以外の9社は、いずれも10%超の大幅アップとなる。

■今年の電気ガス代 3万円増…

この記事は有料会員記事です。残り1465文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]