岩見沢緑陵の正副主将が見せ場 強豪・クラーク国際に序盤互角勝負

戸田拓
[PR]

 30日、高校野球北北海道大会空知地区Aブロック2回戦、岩見沢緑陵1―11クラーク国際(5回コールド)

 岩見沢緑陵の「イツキ」こと投手で主将の坂本樹(いつき)選手と、「ヨッツ」こと遊撃手で副主将の四ツ柳智哉選手は、この3年間で何度もポジションを変えてきた。

 一、二回、今年の選抜大会出場のクラーク国際と互角の戦いを演じた。坂本選手は変化球を巧みに用い、強打線を被安打1の無失点に抑えた。

 三回表。四ツ柳選手が左中間に先制適時二塁打をたたき出した。塁上で「ヨッシャー!」とガッツポーズ。「先に点を取ってイツキを楽にさせたかった」と四ツ柳選手。

 小中学校では外野手だった坂本選手。1年の春季大会後、捕手にコンバートされた。新チームになって投手を志願した。

 一方の四ツ柳選手は2年から救援投手も務める。坂本選手は「ヨッツは率先して声を出してチームを引っ張ってくれた。チームの支え」と感謝を惜しまない。

 四ツ柳選手がマウンドに上がる時には、坂本選手が代わりに遊撃手に入ることもある。そんな坂本選手が持っているグラブは投手、捕手、内野・外野用の4種類だ。

 三回裏、2巡目に入ったクラーク国際打線は坂本投手の直球を確実に捉え、打者11人で6点を挙げて逆転。その後も足を絡めた攻撃で圧倒した。「バットの芯を外した球でも、野手の間に持って行かれた」と坂本選手。左尻に痛みを覚え、五回、マウンドを四ツ柳選手に譲った。「ゼロで抑えたかったが、どこに投げても打たれた」という四ツ柳選手は1死しか取れず、試合は終わった。

 試合後、四ツ柳選手は目を腫らしながら「後輩たちには仲良く野球を楽しんでうまくなってほしい」。坂本選手は大学で投手か捕手で勝負したいという。「どんなポジションでもできるのを強みに頑張りたい」(戸田拓)