電力需給逼迫「注意報」を解除 大型火力が再稼働で

有料会員記事

岩沢志気
[PR]

 政府は30日、東京電力管内に出している「電力需給逼迫(ひっぱく)注意報」を同日午後6時で解除すると発表した。休止中だった火力発電所が再稼働し、電力の余裕を示す予備率が7月1日は5%を上回る見通しになった。ただ、今夏は全国的に電力需給が厳しい状態は続くとみられ、政府は無理のない範囲での節電を求めている。

 老朽化で休止していた火力発電会社JERAの姉崎5号機(千葉県市原市、60万キロワット)が30日に再稼働した。ほかにも補修作業を終えた複数の火力発電所が運転を再開し、供給力が上積みされる。

 東電管内以外でも電力需給は厳しくなる。

 経産省は30日、7~9月の…

この記事は有料会員記事です。残り416文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら