• アピタル

腸の「ミニ臓器」がバージョン「2.0」に 免疫細胞を加えて改良

有料会員記事

野口憲太
[PR]

 iPS細胞を使って、免疫機能をもった腸管のミニチュア版(ミニ腸)をつくることに成功したと、国立成育医療研究センター東京都世田谷区)、東京農業大、弘前大などの研究チームが発表した。病気の原因を探ったり創薬に使ったりできるという。

 研究チームは2017年、さまざまな細胞になれるiPS細胞などから、大きさ1センチほどの「ミニ腸」をつくることに成功。本物の腸管で特徴的なホルモンの分泌や筋肉の動きが再現できた。一方、免疫細胞を含むものはできておらず、より本物に近い条件での研究はできていなかった。

 国立成育医療研究センターの阿久津英憲・生殖医療研究部長は「これまでのミニ腸がバージョン『1・0』なら、免疫細胞が入ったことで、『ミニ腸2・0』になった。病気の診断や治療には、その病気の深い理解が必要。より生体の腸に近いミニ腸は、その理解に役立つ」と話す。

 腸管は、食べ物から栄養や水分を吸収するだけでなく、病原体をみつけて排除する免疫のしくみも備えている。クローン病や潰瘍(かいよう)性大腸炎などの腸管の病気の発症には、この免疫の異常が関わるとされている。

 研究チームは今回、「ミニ腸…

この記事は有料会員記事です。残り392文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら