関西電力、宇宙事業ベンチャーに初出資 ロケット打ち上げを支援

有料会員記事

野口陽
[PR]

 関西電力は30日、小型ロケット打ち上げを目指すベンチャー企業「スペースワン」(東京)と資本業務提携したと発表した。関電グループが宇宙関連事業に出資するのは初めて。

 ベンチャー企業への投資を行う関電の子会社が同日、スペースワンへ第三者割当増資で出資した。出資額は非公表。スペースワンが年内に予定している和歌山県串本町でのロケット打ち上げを技術面などから支援する。

 関電はこれまでも人工衛星の…

この記事は有料会員記事です。残り202文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら