日本語学習サイトにウクライナ語版を追加 文化庁、避難民向けに

有料会員記事

神宮桃子
[PR]

 ウクライナから日本に避難している人々が生活に必要な日本語を学べるよう、文化庁は30日、日本語学習サイト「つながるひろがる にほんごでのくらし」(つなひろ)にウクライナ語とロシア語の2言語版を追加した。

 ウクライナから日本へ避難した人は6月28日現在で約1400人。日本政府は、一時滞在施設で日本語教室を開くほか、受け入れ自治体での日本語教室を支援している。

 つなひろは、住んでいる地域…

この記事は有料会員記事です。残り315文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら