広島平和式典にグテーレス国連事務総長が初出席へ 現職12年ぶり

有料記事核といのちを考える

福冨旅史
[PR]

 国連のグテーレス事務総長が、8月6日に広島市平和記念公園である平和記念式典に初めて出席する方針を決めたことが市への取材でわかった。現職の国連事務総長が広島の式典に出席するのは、2010年の潘基文(パンギムン)氏以来、12年ぶり2回目になる。

 グテーレス氏は18年、現職事務総長として初めて長崎市の平和祈念式典に参列した。20年には広島の式典に出席する意向を示したが、新型コロナウイルスの影響で断念した。20、21年は2年連続でビデオメッセージを寄せていた。

 今年6月21日にオーストリ…

この記事は有料記事です。残り161文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

核といのちを考える

核といのちを考える

被爆者はいま、核兵器と人類の関係は。インタビューやコラムで問い直します。[記事一覧へ]