生徒に性的なLINE747回 県立高の助手を停職「距離縮めたい」

林利香
[PR]

 滋賀県教委は6月30日、LINE(ライン)で生徒に対し747回にわたって性的な内容の文章を送ったとして、県立高校の男性実習助手(31)を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。実習助手は同日付で依願退職した。

 県教委によると、実習助手は昨年4月~今年3月、勤務する学校に通う女子生徒3人に、生徒の身体や性行為に関する内容のメッセージをラインで送信した。うち1人が613回に上るという。生徒側から学校側に相談があり発覚した。

 実習助手は「生徒との距離を縮めたいと思い、エスカレートした内容を送った」と話しているという。県教委は校長も管理監督責任を問い、同日付で文書訓告とした。(林利香)