3年前の錦織の「予言」 ウィンブルドンの英雄が見せた復活の軌跡

有料会員記事

ロンドン=稲垣康介
[PR]

 夕暮れが近づく「聖地」のセンターコートに、アンディ・マリー(英)が足を踏み入れた。

 テニスのウィンブルドン選手権第3日、29日の最終試合。大観衆が拍手で迎える。

 彼の今のこの姿を3年前、誰が想像できただろう。そんなことを考えながら、錦織圭ユニクロ)の「予言」を思い出していた。

 マリーは2019年全豪オープンで、引退を示唆した。

 16年リオデジャネイロ五輪での五輪2連覇、そして年末に初の世界ランキング1位になったシーズンの疲れが蓄積し、腰を痛めた。18年の7月には世界ランキングが839位まで転落した。

 涙ながらの引退示唆に、英紙はじめ世界のメディアは「惜別報道」を大々的に書いた。

 マリーが13年にウィンブルドンで優勝するまで、英国男子は76年間、その頂点に立てなかった。記事は、「ウィンブルドン現象」という経済用語にもなった屈辱を晴らした英雄への感謝に満ちた。

 「予言」を聞いたのはその直後のことだ。

 錦織と19年2月、ドバイの…

この記事は有料会員記事です。残り1285文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら