釧路江南の松田祥汰投手、ノーヒットノーラン目前「疲れ出た」

武沢昌英
[PR]

 30日、高校野球北北海道大会釧根地区Cブロック2回戦、釧路江南6―0釧路湖陵

 九回裏、釧路江南の背番号5、先発の松田祥汰投手(3年)は先頭打者から三振を奪った。打たせて取る投球で被安打ゼロが続いていた。あと2人。だが、次打者が振り抜いた当たりはセンター前へ。さらに安打と四球が出たところで降板した。後を継いだエースの北谷勇樹選手(3年)が試合を締めた。

 楓川卓也監督によると、ベンチでノーヒットノーランの話は誰もしなかった。松田投手は「(ノーヒットノーランを)意識はしていなかった。疲れが出て、(安打を)打たれて当たり前」と淡々と話した。(武沢昌英)