継投した北見北斗の広瀬新太選手、スクイズ決め反撃

神村正史
[PR]

 30日、高校野球北北海道大会北見地区Aブロック2回戦、北見北斗4―6北見緑陵

 六回表北見北斗、1死満塁の好機に、広瀬新太選手がスクイズを決めた。4球目、リードを大きくとっていた三塁走者の大藤玲央選手が走り出した。バントで当てた球は相手投手の前に転がった。「練習試合と同じような感覚でスクイズできた」と広瀬選手。

 広瀬投手は三回からマウンドを引き継いだ。6回を投げ1失点の好投。「こんなところで負ける気はなかった。悔しい。後輩たちには自分たちの分も勝ち上がってほしい」

 鈴木収監督は「序盤は選手らが緊張していた。中盤から持ち直したが、前半にペースがつかめなかったことが最後まで尾を引いた」と話した。(神村正史)