メガバンク3行、7月の住宅ローン基準金利を引き上げ

有料会員記事

江口英佑
[PR]

 メガバンク3行は30日、住宅ローン金利の指標となる10年固定の基準金利を7月から引き上げると発表した。米国の長期金利上昇に伴って、日本の長期金利も上がっているためだ。

 三菱UFJ銀行と三井住友銀行は7月の基準金利(10年固定)を0・05ポイント引き上げ3・69%に、みずほ銀行が0・15ポイント引き上げ3・15%とする。信用度の高い顧客に適用される優遇金利(10年固定)は、三菱UFJ、三井住友が1・04%、みずほが1・25%となる。一方、各行は変動金利の基準金利は据え置いている。

 住宅ローン比較サービス「モ…

この記事は有料会員記事です。残り107文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら