大企業製造業の景況感が2期連続悪化 6月日銀短観、非製造業は改善

細見るい
[PR]

 日本銀行が1日公表した6月の全国企業短期経済観測調査(短観)で、大企業・製造業の業況判断指数(DI)が2四半期連続の悪化、大企業・非製造業は2四半期ぶりに改善した。資源価格の高騰や中国・上海の都市封鎖ロックダウン)による部品不足が製造業の景況感を悪化させている一方、国内のコロナ感染の落ち着きで、サービス業を中心とする非製造業が回復した。

 DIは調査対象の国内約1万社のうち、景気が「良い」と答えた企業の割合から「悪い」とした割合を引いた指数。

 大企業・製造業のDIは前回3月から5ポイント下落し、プラス9だった。ロシアのウクライナ侵攻による資源価格の高騰が、幅広い業種の収益を圧迫している。さらに上海のロックダウンによる世界のサプライチェーン(供給網)の混乱で部品の調達に支障が生じていることも影響しているもようだ。鉄鋼は16ポイント下落してマイナス6、食料品が6ポイント下落してマイナス11。自動車は4ポイント下落のマイナス19だった。

 大企業・非製造業のDIは4ポイント改善し、プラス13だった。まん延防止等重点措置が3月下旬に全面解除され、旅行や飲食などを中心に客足が戻ったことがプラスに作用しているとみられる。業種別では、遊園地などの対個人サービスが32ポイント改善のプラス18、宿泊・飲食サービスが25ポイント改善のマイナス31だった。(細見るい)