指一本、10秒で野菜不足チェック 健康都市づくりの「秘密兵器」に

有料会員記事

南島信也
[PR]

 静岡県三島市は、野菜の摂取状況を「見える化」する装置「ベジメータ」を導入した。指一本で簡単に計測できるうえ、結果もすぐに分かるため、健康で幸せな「健幸都市」づくりを進める三島市の秘密兵器となりそうだ。

 ベジメータは、野菜に含まれる栄養素カロテノイドを指先の皮膚で光学的に測定する仕組み。測定器に中指を入れると、わずか10秒ほどで過去2週間程度の野菜と果物の摂取量がわかり、A~Eの5段階で判定される。

 厚生労働省は1日に350グ…

この記事は有料会員記事です。残り408文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら