米最高裁判事にジャクソン氏就任、黒人女性で初 リベラル派の51歳

有料会員記事

ワシントン=合田禄
[PR]

 バイデン米大統領が連邦最高裁判事に指名していたケタンジ・ブラウン・ジャクソン氏(51)の宣誓式が30日に行われ、就任した。連邦最高裁の233年の歴史のなかで、初めての黒人女性判事が誕生した。

 最高裁は30日午前、今期の判決の言い渡しをすべて終え、夏季休暇に入った。これを機に、ブライヤー判事(83)が引退し、ジャクソン氏が就任した。宣誓式はワシントンにある最高裁の庁舎で、ロバーツ長官(67)とブライヤー氏が立ち会うなか、行われた。

 黒人女性として初めて最高裁判事になることについて、ジャクソン氏は今年4月、ホワイトハウスの演説で「私は自由と正義という夢を受け継いだ幸運な最初の人間に過ぎない」と語り、公民権運動を主導したマーティン・ルーサー・キング牧師ら先達となった黒人らをたたえていた。

 ジャクソン氏はブライヤー氏…

この記事は有料会員記事です。残り374文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら