ボードで遊んでいて負傷か、小5男児が死亡 大津

茶井祐輝
[PR]

 6月30日午後6時ごろ、大津市穴太(あのう)2丁目の住宅の玄関で、小学5年の男児(10)が「血を流して倒れている」と家族から119番通報があった。男児は約6時間後、出血性ショックで死亡が確認された。滋賀県警大津署によると、自宅近くでボードに車輪のついた遊具で遊んでいて負傷したとみられるという。

 署によると、男児は30日午後5時半ごろ、「遊びに行く」と家族に告げて外出。自宅近くの駐車場の防犯カメラには、ボードで遊ぶ姿が映っていたという。

 駐車場には照明ポール(高さ約65センチ)があり、先端のガラス部分が割れていた。付近に男児が乗っていたとみられるボードと、血だまりのようなものが見つかった。男児は首のあたりをけがしていたという。

 ボードはスケートボードに似た形状で、体をひねらせて前に進む仕組み。(茶井祐輝)