• アピタル

猛暑の東京都心、きのうの救急出動3千件超 過去2番目の多さ

[PR]

 東京都心で6日連続の猛暑日となった6月30日の救急出動件数(稲城市と島嶼(とうしょ)部を除く)が、3150件に上り、統計開始以降で2番目の多さだったことがわかった。東京消防庁が1日発表した。熱中症による出動要請が多く、件数を押し上げたとみられるという。最多は2018年7月23日の3382件。

 同消防庁によると、6月30日の出動件数のうち、熱中症とみられる症状で搬送したのは6~97歳の男女294人で今シーズンで最も多かった。出動したものの搬送に至らなかったケースも多かったという。