餃子を迷いなく万引きする男 「月5万円足りない」無人販売店の苦悩

有料会員記事

大滝哲彰
[PR]

 コロナ禍の街で、非接触・非対面を売りとする「無人販売店」が目につくようになった。ただ、店員がいない状態で万引きが続き、被害に悩む店がある。対策はどうしたらいいのか。

 防犯カメラが男の動きを捉えていた。

 大阪市西成区の国道26号沿いに立つギョーザの無人販売店「一龍堂 花園北店」。5月11日午前3時35分ごろに撮られた映像だ。

 上下黒色の服を着た男が無人の店内に入ってきた。帽子をかぶっていて顔ははっきりと見えない。

 男は冷凍庫の片開きの扉を開…

この記事は有料会員記事です。残り1572文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら