岩浪さん 延命、姉弟で割れた意見 「自然な形は?」

有料会員記事

[PR]

それぞれの最終楽章 在宅で(5)

向日葵クリニック院長 中村明澄さん

 最後にご紹介するのは、岩浪智惠子さん(享年88)です。2年前にご主人を自宅で看取(みと)っていて、ご自身も自宅での最期を希望していました。

 初めての訪問は、2017年9月。骨折で入院をしたことをきっかけに寝たきりとなり認知症が進行。「よっこい」「どっこいしょ」が口癖でした。

 「あーー」と声を出すとき、大きな口をあけるため、あごが外れやすくなりました。最初のころは自然に戻っていたのですが、あるとき、私や外科の救急当番の先生でも戻すことが難しくなり、総合病院の口腔(こうくう)外科で麻酔を使ってやっと戻すも、3日後には外れてしまい再受診となりました。でも、その夜にまた外れて戻らなくなってしまいました。

 88歳という年齢で、あごが…

この記事は有料会員記事です。残り884文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら