美容外科医、スタッフの女性にわいせつ容疑 食事に睡眠薬入れたか

岩田恵実
[PR]

 自分のクリニックの女性スタッフに睡眠薬を飲ませてわいせつな行為をしたとして、警視庁は美容外科医の竹沢章一容疑者(42)=東京都中央区=をわいせつ略取と準強制性交等の疑いで逮捕し、1日発表した。竹沢容疑者は「弁護士に話してから話す」と供述しているという。

 捜査1課によると、竹沢容疑者は4月4日午後、20代女性と食事した際に女性の食べ物に睡眠作用のある薬物を入れて意識をもうろうとさせ、自宅に連れ込んでわいせつな行為をした疑いがある。女性は竹沢容疑者が院長を務める美容クリニックで働くスタッフで、「レストランで急に記憶が無くなった」などと説明。体内からは薬物が検出されたという。

 女性は翌5日午前1時ごろ、竹沢容疑者の自宅で意識が戻り、警察に相談して被害が発覚した。他にも同様の被害申告があるといい、同課が調べている。(岩田恵実)