非同盟主義、西側諸国は傍観でいいか インドネシア大統領の仲介外交

有料会員記事ウクライナ情勢

アジア総局長・翁長忠雄
[PR]

 プーチン大統領は、国際会議の場に姿を見せるのか――。インドネシアのバリ島で11月に開かれる主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)では、ロシアのプーチン氏が出席するかどうかに注目が集まっている。

 プーチン氏を含めなるべく多くのリーダーに集まってもらいたい議長国インドネシアのジョコ大統領は6月29日から30日にかけ、ウクライナとロシアを訪問し、ゼレンスキー大統領、プーチン氏とそれぞれ会談した。

ジョコ氏のレガシーづくり? 違う見方も

 ジョコ氏は7月1日、ツイッターに「私はゼレンスキー氏のメッセージをプーチン氏に届け、両首脳の対話の橋渡し役になる用意があると伝えた」「インドネシア憲法は、わが国は世界平和の実現のために貢献すると定めている」と続けて投稿した。プーチン氏に手渡された書簡の内容は明らかにされていない。

 両国訪問に先立ち、ジョコ氏…

この記事は有料会員記事です。残り2362文字有料会員になると続きをお読みいただけます。