習氏は香港で何を語ったのか 「一国二制度」の解釈示した演説要旨

有料会員記事

[PR]

 1日、香港の中国返還25周年記念式典で演説した習近平(シーチンピン)国家主席は、2019年の若者らによる激しい抗議運動を「激烈な社会混乱」と表現しつつ、「一国二制度」は成功していると胸を張りました。共産党政権が考える「一国二制度」のあり方を強調した演説の要旨です。

【25年の歩み】

・中国のサポートと香港の政府と社会の努力のもと、一国二制度は世界中が認める成果を上げた。

・中国の奇跡的な経済発展のために、香港は代わりの利かない貢献をした。

・香港は様々な困難にうち勝って前進を続けてきた。金融危機、コロナ禍、そして激烈な社会的混乱も香港の歩みを止めなかった。

・経済は発展し、国際的な金融、物流、貿易センターとしての地位は揺るがなかった。

・国家安全法の制定、選挙制度の改定などにより「愛国者治港」(愛国者による香港統治)の原則の実現を確かなものにした。

【一国二制度】

・一国二制度の根本的な目的は…

この記事は有料会員記事です。残り810文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら