「いずれ候補者の半数を女性にしなくては」自民・遠藤選対委員長

参院選2022自民

[PR]

自民党遠藤利明選挙対策委員長(発言録)

 (参院選の候補者について)自民党は団体が応援している人、あるいは著名人、そういう候補者ばかりだった。だから女性の比率が高まらなかった。そこで色々な経験をされた(女性の)人を、ただ社会進出するだけではなく政治の世界でも、という思いで立候補していただいた。いずれ自民党も候補者の半分は女性ですよねと、そんな政党にしていかなきゃならないと思っている。その第一歩を今回つくらせていただいた。(東京都内の応援演説で)

  • commentatorHeader
    能條桃子
    (NoYouthNoJapan代表)
    2022年7月1日22時45分 投稿
    【視点】

    今回、自民党の候補者は、2枚目の比例で3割、全体でみるとわずか23%でした。これは主要政党の中だと公明党21%に次いで低い水準。男性中心社会となっている政治・自民党の中で、「いずれ」がいつなのか、できるだけ早い段階で実現されればいいなと思い

参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]