「教室に虫が入ってきたら?」 デジタル人材育てる課題解決授業

有料会員記事

鈴木裕
[PR]

 「もし」で始まる課題の解決方法をみんなで考える。そんなトライアル授業を、愛知県立犬山南高校がメーカーやIT企業などの社会人講師を招いて実施している。来年度から総合高校に変わり、「起業家的人材」や「デジタル社会に必要な人材」の育成をめざす同校。IoT(モノのインターネット)の基礎となる発想力を高める狙いという。

 6月16日の5限目、図書室に2クラス約50人の生徒たちが集まった。6月に始まったトライアル授業の3回目で、課題を見つけ解決策を探る「ifLinkオオギリ」を体験した。

 4~5人のチームに分かれ、身近な学校生活の課題を出し合う。それぞれの意見を尊重し、否定はせず、違いや多様性を楽しむ。

 「学校」で「利用者=私たち」の困りごとは何か? 「教室に虫が多い」という課題を挙げたチームは、「もし(IF)虫が入ってきたら(THEN)窓が自動で閉まる」というアイデアを出し、「虫ゼロ IF THEN」というキャッチフレーズを付けた。

 社会人講師の講評は「殺虫剤ではなく、虫を生かして課題を解決しようという発想がいい」。

 実際に自動で開閉する窓をつ…

この記事は有料会員記事です。残り606文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら