名古屋駅前のシンボル、お別れ迫る 「飛翔」の撤去工事進む

岩下毅
[PR]

 JR名古屋駅前のシンボルとして知られる円錐(えんすい)形のモニュメント「飛翔(ひしょう)」の撤去工事が進んでいる。リニア中央新幹線開業に伴う駅前再整備の一環で、南側と内部には足場などになる鉄骨が組まれ、徐々に優美な雰囲気が消えつつある。

 高さ23メートル、底辺の直径21メートル、ステンレスパイプが入り組んだ作品。名古屋市制100周年を記念して1989年に設置された。市によると来週にも上部約10メートルをカットし、クレーンでつり上げて搬出する予定だという。工事は10月下旬まで続き、撤去後の跡地は広場となる見通しだ。

 今後は市内の市有地で一時的に保管される。市は名古屋駅南側の再開発地区「ささしまライブ」への移設を計画したが断念。現在、移設するかどうかを含めて検討中という。(岩下毅)